リトミック指導者

リトミック指導者って、どんな仕事だろう?

リトミック指導者とは、子供たちに音楽を教える講師の事です。
まずはリトミックという言葉から解説していきましょう。リトミックとは『子供のための音楽教育』を意味します。提唱者であるスイスの音楽家エミール・ジャック・ダルクローズによればリズム遊びや歌、ダンスなどの練習を通して、音楽への興味や関心、そして協調性と集中力を培うことを狙いとしています。つまり特定の楽器の演奏技術を磨くのでなく、音楽そのものの楽しみを子供に伝えるのかリトミック指導者の仕事なのです。

どういう場所で働くの?

リトミック指導者の活躍の場は様々です。主に保育所や幼稚園、子供向けの音楽教室などが一般的となっています。もちろんリトミック指導者の資格を持っている保育士も少なくはありません。このように子供のいる現場で音楽講師として働く方もいらっしゃいますが、中には自宅で近所の子供を預かりながらリトミックのレッスンをする託児サービスを行なっている場合もあります。音楽は子供の成長と心の発達に大きな影響を与えます。歌やダンスで他の子供と動きを合わせる事により他人との調和を身につける事ができ、演奏を聴きながら発声し歌う事により集中力(人の話を聞く力)を養う事ができます。
今までは乳幼児向けの音楽教育を主としていたリトミックですが、近年では社会人・高齢者への需要も高まっています。たとえば新入社員のマナー研修に音楽療法を取り入れる『マナーリトミック』や認知症予防に効果的であるという『若返りリトミック』などがあげられます。実はデイサービスや老人ホームなどの介護施設では、幼稚園と同じように合唱やリズム遊びをプログラムに入れているのです。リトミックをする事により無理なく脳が活性化するというのです。これからは幼児教育の現場だけでなく、自己啓発セミナーの研修会や社会人向けのスクール、介護現場にも活躍の場が広がってゆくでしょう。

給料は増えるの?

リトミック指導者の資格を持つ保育士が保育所で働くのなら、相場は月収20万前後で賞与を合わせると年収300万前後が目安でしょう(地域によって差はあります)。現場によっては資格の有無によって別途手当を付けてもらえるかもしれません。

どうやって取得するの?

資格認定を行なっているのはNPO法人・リトミック研究センターです。資格取得に当たって必要な経歴や条件は特にありませんが、認定元の指定カリキュラムを受けるためにカルチャースクールや養成学校へ通う必要があります。実際のリトミックの現場では実演と実技がほとんどとなりますので、資格取得の講座カリュキュラムも通学制の座学が中心となります。
認定元のリトミック研究センターでも養成講座が行なわれています。年9回の2~4年制で、全国に認定教室があるので保育士の仕事を続けながらでも受講は不可能ではありません。取得できる資格をランクの高いものから並べると、『ディプロマA資格』『ディプロマB資格』『上級指導資格』『中級指導資格』『初級指導資格』となります。
忙しくてスクーリングが不可能だったり、近くに認定教室がなかったりする場合は、リトミックジュニアインストラクターという資格もあります。こちらなら10回の通信講座と1回のスクーリングで修了します。
民間資格ですので比較的取得しやすい資格と言えます。特別に難しかったり、高倍率だったりする取得試験もなく、カリュキュラムを修了すれば取得できます。スクーリングに必要な時間さえ確保できれば大丈夫でしょう。『音楽の楽しさをみんなに伝えたい』という気持ちがある方は是非ともチャレンジしてみてはいかがでしょうか。