保育士さんのお役立ちコラムららほいく

ピアノが苦手な保育士さん必見!!
練習のコツ講座♪~導入編~

保育士漫画

朝やおかえりの時間、季節の行事、参観、音楽発表会といったピアノを弾く機会がとっても多い保育の現場。
ピアノを弾くのが得意な人は、慣れたら自分でアレンジを加えてみるなど、楽しみながら伴奏をすることが出来ます。
しかし、苦手な人にとっては大変なのが現実です。
これ、些細な問題ではなく、苦手な人には本当に一大事なんです(`・ω・´)
ピアノは、得意な人との差がつきやすい上、練習をするための時間の確保が必要になるのでプレッシャーに感じる人も多いのでは?!
そこで今回は、ピアノが苦手な保育士さん必見!!
ピアノ初心者さんや苦手な人でも進めやすい練習方法~導入編~を特集いたします♪
導入編では、ピアノに触る前に知っておきたいことを見ていきましょう!!

導入編その①
弾くときの正しい手のフォームを知る♪

ピアノを弾く時には、基本のフォーム(手の形)があります。 間違ったフォームで弾くと、手首を痛めてしまう上に鍵盤のミスタッチも増えてしまいます。 まずは、間違ったフォームを見てみましょう。

間違いのフォーム①

15492461781188.png

指がピンと伸びてしまい、手の甲がべチャっと鍵盤にくっついてしまうフォームです。
これだと、スムーズに鍵盤の移動が出来ず、いつまで経っても上達に繋がりません。

間違いのフォーム②

15492461850104.png

手首がダラ~ンと下がって体重が乗ってしまっているフォームです。
これだと、手首に負担が掛かり痛めてしまいます。
弾きづらいフォームでもあり、いつまで経っても上達に繋がりません。

では、正しいフォームを見てみましょう♪

正しいフォーム

15492461908838.png

手順① フワッと丸い手の形を作りましょう。野球ボールを上から優しく包み込む感じで!
手順② 軽く脇を閉めて力を抜き、手の甲と手首が平行になるようにします。
(肘がナナメ上へあがらないように気をつけてください)

ピアノの先生は、ネコのような手と表現する人も多いので、ネコの手と覚えるのもいいでしょう!
写真のように、ネコのような丸い手を意識して弾くようにしてくださいね♪

このフォームが上達への大切なステップになります。
正しいフォームが定着するように、普段から意識して練習してみてください!

導入編その②
運指の基本をマスターしよう♪

運指(うんし)

15492461966205.png

楽譜には、上図のように番号が振られていることがあります。
これは運指(うんし)と言って、「この指を使えばうまく弾ける」というもの。
(手の大きさや指の長さが一人ひとり違うので、あくまで一般的に・・・です)

この運指の基本をマスターするだけで、指が絡まることなくスムーズに弾けるようになります!
マスターするために、まずは指番号を覚えましょう♪

指番号

15492462025858.png

左右10本の指には、それぞれ決まった番号が存在します。
上図のように、親指① 人差し指② 中指③ 薬指④ 小指⑤ となります。
手の指は左右対称になっているので、内から外に①~⑤と覚えてくださいね♪

指くぐり

指くぐりとは、親指を他の指の下をくぐらせる弾き方です。
これをマスターすることで、1曲をスムーズに弾くことが可能になります。
指くぐりが必要なフレーズで指くぐりをしないと、弾きづらいうえにブチッブチッと音が切れてしまい下手に聞こえてしまいます。
そうならない為にも、マスターするほうがいいでしょう♪

では、質問です。

15492462136670.png

あなたは、この譜面を右手でどのように弾きますか?
これを単純に右手の親指から弾き始めると

ド レ ミ ファ ソ・・・・・・・・あれ、「 ラ シ ド 」を弾く指が足りない!?Σ(☉ω☉;)

なんてことになります。
次にある、ラの音をどうやって弾けばいいのか?
ただ、そのまま親指で弾こうとすると、ブチッと音が切れてしまいます。

そこで登場するのが、この指くぐり奏法!!!
まずは、下にある楽譜と指番号を見てください。

15492462193776.png

ファを4(薬指)で弾かず、1(親指)で弾いていますよね。
これは、指くぐり奏法を使った弾き方です。

ミの音を3(中指)で弾いたら・・・

15492462250442.png

このような手の形になりますよね。
そしてここから・・・
②中指を鍵盤に着けたまま親指をファの鍵盤へ移動 させます。
この時、中指を鍵盤から離してしまうと、音がブチッと切れてしまうので注意してください♪

③ファの音を弾くと同時に、3(中指)を鍵盤から離します。

15492462301443.png

これが、指くぐり奏法の手順です!
では実際に、指くぐりを練習してみましょう♪

15492462360272.png

慣れるまでは難しいかもしれませんが、ゆっくりの速さで繰り返し練習してみてくださいね♪

ピアノは練習すればするほど上達します!
1日5分でも、コツコツやることが大切です♪

次は基礎編で、リズムや曲の練習方法について見ていきましょう!


15611109669369.png

▲保育士さんの仕事の悩み・転職活動は、保育士ワーカーにご相談ください☆


☆こちらの記事も人気☆