保育士さんのお役立ちコラムららほいく

保育士辞めたい・・・
本当にそれでいいの?

保育外遊び

保育士辞めたい・・・
本当にそれでいいの?

子どもの頃からの夢だった保育士の職業に就き、順風満帆をイメージしていたけど・・・
実際に働いてみたら理想と現実は違った!
思い描いていた保育士像と今の自分の現状が違い、心身共にストレスを感じる保育士さんって多いですよね。

小さな悩みが気づけば大きな悩みへと変化し、「保育士を辞めたい・・・!」と退職を決意される保育士さんも少なくありません。

保育士を目指して保育専門の短大や大学を卒業し、無事やっとの思いで”保育士”の資格を取得したのにもかかわらず、保育の仕事を辞めたいと思ってしまう理由とは一体何が原因なのでしょうか?

保育士を辞めたいと思う理由

15487238972741.jpg

では、実際に保育士を辞めたいと思った理由として、どのような理由があるのでしょうか?

それは、あなたの身の回りでも起きるかもしれない、保育士さんとは切っても切り離せない問題が浮き彫りとなっていることが分かりました。

保育士を辞めたいと思った理由

  • 人間関係
  • 仕事量の多さ
  • 給料
  • 時間の融通が利かない(妊娠・育児との両立)
  • 通勤にかかる時間(利便性)


保育士を辞めたい理由として最も多い理由は・・・ズバリ人間関係です!!
それは、園長や主任、副主任、同僚まで幅広くあり、単に「子どもと接することが好き」という理由だけでは働けないほどに人間関係に悩み、つらい・辞めたいと感じる保育士さんが多くいるのです。

人間関係の悩み

  • 園長が好き嫌いで仕事をする
  • 主任派・副主任派など職場内で派閥がある
  • お局保育士が仕事を教えてくれない(聞いても答えてくれない)
  • 陰湿なイジメを受けている(何かと嫌味を言われる)


上記以外にも・・・

  • 一人では無理な仕事を振られても見て見ぬふりをして、全く手伝ってくれない先輩
  • 保護者と職員の前で裏表が激しすぎる園長

などなど、様々な人間関係に悩まされている保育士さんが多くいることが分かります。

保育士の仕事で「つらい・辞めたい」と感じてしまう部分は、なにも人間関係だけが理由ではありません。
保育士の離職理由として人間関係の次に多く挙げられるのが、仕事量の多さです。

15487249746300.jpg

もはや、保育士のダークな部分として取り上げられている問題であり、勤務時間内では到底補え切れない仕事量に負担を感じている保育士さんは多く、実際にそれが理由で仕事を辞めてしまう方もたくさんいるのが現実なのです。

通常業務はもちろん、入園式や卒園式・お遊戯会や親子参観などの行事前に増えるサービス残業は、保育士のプライベートな時間を圧迫しています。

また、仕事量の多さから「つらい・辞めたい」と感じる理由の中には、
残業代が支給されないという問題も加わっている場合があります。

ただ残業時間がたくさんあるだけでなく、勤務時間外に働いたのにもかかわらず残業代が出ないということは、保育士でなく他業種に就いていたとしても、離職理由となっていてもおかしくありませんよね。

また、これだけ頑張っていても全く給料がもらえない・・・!!という
給料面でのお悩みも尽きることはありません。

これら以外にも、結婚や妊娠、子育てなどのライフスタイルが変わったことにより・・・

  • 子どもの急な発熱などで休まざるを得なくなったときに言いにくく、気を遣う
  • シフトがすでにキツキツの状態で絶対に休めない空気感がある
  • 子どもを預けている保育園と勤務先との距離が長く、子育てとの両立が困難
  • 定時帰宅をすると陰口を言われる

など、子育てママが安心して働きにくい環境であるということも、保育士を辞めたいと感じる理由の一つとなっています。

辞めたいと思ったときに考えるべきこと

15487263889497.jpg

「保育士の仕事がつらい」「保育士を辞めたい」そう思ったとき。

きっとあなたの視野にあるものはとても狭く、今あなたが働く環境にばかり意識がいっていることでしょう。

「つらい・しんどい・辞めたい」という感情を捨て去るには、あなたを取り巻く環境から脱することが一番の近道なはずですが、せっかく苦労して手に入れた憧れだった職業である「保育士」さえも辞めてしまって、それで本当に良いのでしょうか?

人はつらいと感じたとき、自然と楽な方向へと意識を向ける傾向がありますが、逃げることだけを考えず
次の新しい可能性へ意識を向けてみてはいかがでしょうか?
保育士が働ける施設は、いまや認可保育園だけでなく、認定こども園や認可外保育園、幼稚園、院内・企業内保育、放課後等デイサービスなど様々な施設形態があります。

保育士を辞めたいと思った理由である人間関係や仕事量、給料面などのマイナス面も、次に選択する新しい職場では解決することも大いにあるのです!

今あなたが直面している「保育士を辞めたい」と思っている理由も・・・
「保育士ワーカーならあなたの"なりたい"を実現させます!」

無料! ご利用満足度97% 転職サポートを受ける!


保育士ワーカーを活用することの
メリットって?

15493324375888.jpg

自分にとって最高の職場を探すことは、人生のパートナーを探すことと同じくらい難しいことです。
保育園の数は膨大にあり、その中から一つ一つ自分に合った職場を探していては、時間のロスだけでなく転職意欲をも削がれかねません。
そうならないためにも、いかに効率的にテンポよく転職活動を進めるのかが大きなポイントになってきます。

では、お仕事探しにはどのような方法があるのでしょうか?
その方法と、それぞれのメリット・デメリットを比較したいと思います。

お仕事探しの方法と
それぞれのメリット・デメリット

ハローワーク

メリット・・・日本最大の求人数。
デメリット・・・個々の求人の情報量は少ない。職場の雰囲気や人間関係などが分からない。

求人誌

メリット・・・急募の求人がほとんどなので、すぐに決まりやすい。
デメリット・・・転職サポートがない。

保育士求人サイト

メリット・・・情報量が多く就業後の満足度が高い。専門のアドバイザーによる転職サポートも手厚い。
デメリット・・・自分とアドバイザーとの意識のずれが生じやすい。(自分としてはそこまで応募意欲が高くないのに、アドバイザーが積極的に話を進めてしまう、など)

知人の紹介

メリット・・・決定率はほぼ100パーセント。
デメリット・・・知人との関係もあるので、辞めたいと思っても簡単に辞められない。


このように、それぞれのお仕事探しの方法にはメリット・デメリットがあります。
ご自身に合った転職活動を見つけることが大切ですが、総合的に評価するとやはり保育士求人サイトの満足度が高いようです。

◎保育士ワーカーは、保育士さんの転職活動を成功させる様々な強みを持っています!

まず、各エリアごとにアドバイザーがおりますのでスピーディな対応をすることができます。
さらに、豊富な採用実績を有し法人様との強いパイプがあるため、交渉力があります。
転職者様のご希望を実現するために最大限に尽力しています。
そして、入職するまでに保育園の細かい情報開示を徹底しております。
保育士さんが一番気にされる人間関係に関する情報や、職場の雰囲気などをお伝えしています。
そうすることで、入職後のミスマッチをなくし、満足度の高い転職活動を目指しています。


保育士ワーカーでは他にも、転職者様のお役に立てる情報をメールで配信したり、必要に応じて直接面談させていただきご希望条件をお伺いしています。

条件に合ったお仕事のご提案をはじめ、履歴書の書き方や面接のポイント、入職後のフォローといったサポートをさせていただきます。

他にも、面接日の調整や給料交渉、待遇交渉などの条件交渉もお任せください!

◎「保育士を辞めたい」と思ったら、まずは保育士ワーカーをチェックしてみてください!

きっとあなたの悩みを解決し、そして最高の就職先を見つけるまで丁寧にサポート致します!ぜひ私たちと一緒に、納得のいく転職活動を成功させましょう♪ 

15493327423218.jpg

15680823823659.png


☆こちらの記事も人気☆