保育士さんのお役立ちコラムららほいく

保育園の行事って何をするの?
年間行事のスケジュールと解説!

入園おめでとう

保育園では、春・夏・秋・冬1年を通して様々な行事やイベントがあります。 
子ども達にとって行事は、ワクワクドキドキする特別なもの☆

そして、保護者や保育士にとっては子ども達の成長を感じられたり、いつもと少し違う子どもの様子を発見できる場になります♪ 
園によって開催される行事の内容・時期は異なりますが、今回は一般的な行事のスケジュール、抜粋して行事の解説を特集いたします!

保育園1年間の行事・イベント

春(4月~5月)
【4月】
入園式 / 進級式 ・ 身体測定 ・ 誕生会

【5月】
こどもの日 ・ 親子遠足 ・ 母の日 ・ 誕生会

夏(6月~8月)
【6月】
父の日 ・ 日曜参観 ・ 虫歯予防デー ・ プール開き ・ 誕生会

【7月】
七夕 ・ お泊り保育(年長児) ・ 夏祭り ・ 誕生会

【8月】
誕生会

秋(9月~11月)
【9月】
敬老の日運動会誕生会

【10月】
ハロウィン ・ おいもほり ・ 誕生会

【11月】
七五三 ・ 作品展誕生会

冬(12月~3月)
【12月】
クリスマス会 ・ 誕生会

【1月】
お正月のお楽しみ会 ・ おもちつき大会誕生会

【2月】
まめまき大会 ・ 生活発表会誕生会

【3月】
ひなまつり ・ 誕生会 ・ お別れ遠足(年長児)・ お別れ会 ・ 卒園式 ・ 修了式

誕生会

15493395575437.jpg

誕生会は、誕生月の子ども達をお祝いする会です! 
全園児がホールなどに集まってお祝いする場合や、学年ごとクラスごとに行うなど様々。

自分の成長やお友だちの成長を、喜び分かち合います。 
園によっては誕生児の保護者が参加する場合や、みんなで歌をうたったり、ゲームをしたり、お楽しみ会のように開催することも!

そして、 誕生児の写真や手形をカードにしたものをプレゼントすることが多いようです。 
毎年、成長が目に見て分かるので保護者からも大変喜ばれます♪

保育園では給食が特別メニューになったり、いつもと違うデザートが出てきたりと、子ども達みんなで楽しめる工夫をしている園もあるようですね☆

親子遠足

15493402630230.jpg

入園・進級後、子ども達やクラス全体が落ち着いてくる5月頃に行われることが多いです。 
バスや電車に乗って目的地に向かい、一緒に遊びお弁当を食べたり楽しく過ごします♪ 
子ども達は、いつもと違う環境で楽しく過ごすとともに、 公共の場でのマナーやルールも学びます

そして、 保護者同士のコミュニケーションの場でもあります。 
子ども同士が仲良しで一緒に遊んでいたり、「〇〇ちゃんとお弁当一緒に食べたい」といったきっかけから、パパやママも自然と交流するようになります。 
なかなか輪に入れない保護者がいる場合は、保育士がフォローをすることもあるでしょう。

子ども達の安全管理など常に目を配りながらの行動になりますが、子ども達にとっては保育園での行事の楽しさを、知るきっかけにもなります!

お泊り保育

15493398339767.jpg

お泊り保育は、夏季に年長児を対象として取り入れている園もあります。 
通いなれた保育園での開催、または野外活動施設などで宿泊体験をすることも! 
ゲームやキャンプファイヤーなど、子ども達が楽しめる催しものが満載♪ 
みんなでカレーライスを食べたり、お風呂に入ったり、いつもと違う環境に子ども達は大はしゃぎです!

夕刻~就寝時間になると寂しくて泣き出す子どももいますが、保育士が寄り添い一緒に過ごします。 
体調不良時や子どもの様子に応じて、保護者にお迎えをお願いすることもあるでしょう。

翌日、朝食を食べ終えたら園まで保護者に迎えに来てもらい帰宅・・・という流れが多いようです。 
父親や母親と離れて1日過ごす”子ども達にとってすごく大きなこと!! そのため、この活動が今後の自信に繋がるのです!

敬老の日

15493399189157.jpg

敬老の日の前後で、子ども達の祖父母を対象としたイベントが行われます。 行事に保護者が参加する場合は、各家庭の人数が決められていることが多く、なかなか祖父母が参加する機会はありません。

しかし、敬老の日は“おじいちゃん・おばあちゃん”が優先で参加対象となるので、普段見ることのできない園での孫の姿を楽しみに、参加してもらえるのです。

一緒に歌をうたったり、製作をしたり、けん玉・おはじき・コマなど昔の遊びや伝承遊びを教えてもらったり。 おじいちゃんおばあちゃんとの交流を、ぐんと深められる行事です。保育士は、両親一緒にいる時とは違う子ども達の様子を見ることも出来るでしょう。

「昔はこんな遊びがあった」と、保育士が行事を通しておじいちゃんおばあちゃんから学ぶこともある、貴重な機会です!!

運動会

15493399622705.jpg

園の一大イベントのひとつ、運動会! 
乳児クラス(0歳~2歳)は保護者と一緒に参加するプログラムがメインで、「ハイハイ競争」や曲に合わせてダンスなど、親子でのふれあいを楽しみます。 
泣いたり笑ったり、乳児クラスならではの可愛らしい様子が見られるので、会場全体がほっこり笑顔に♪

幼児クラス(3歳~5歳)になると、かけっこや玉入れなどの競技に加え、各学年の集団演技も披露されます。 年少・年中クラスはダンスやパラバルーン。年長クラスは鼓笛隊がメジャーでしょう。 
そんな練習の集大成である運動会では、保護者や保育士が感動で涙する場面も。

運動会は観覧する保護者や関係者の人数も多く、いつもと違う環境に驚いてしまう子どももいます。 
そのため、練習では出来ていたような競技や演技が出来ないことも。 
子どもの様子に合わせ寄り添い励まし、場合によっては演技中もずっとそばにつく事もあります。

競技や集団演技では、様々なルールや決まりごとがあります。 
楽しみながら決まりを理解したり、一緒に頑張るお友だちを励まし応援する! 
様々なプロセスを経験することで、子ども達は一回りも二回りも大きく成長することでしょう。


運動会が終わったら目一杯、子ども達を褒めてあげてくださいね☆

作品展

15493400063813.jpg

園によっては11月頃に作品展を開催するところがあります。 
作品展は、製作を披露するイベントです。

4月から作って来た子ども達の様々な作品の展示に加え、各学年やクラスでテーマを考え、全体でひとつ+個人製作で作品を作っていきます。「どうぶつえん」や「おみせさんごっこ」などテーマひとつでも、子ども達の想像力や個性がキラキラと輝くでしょう♪

みんなで一緒に何かを作ったり、自分で考えたものを作る。 
完成後の達成感をお友だちや保育士と分かち合い、成長に繋がります! 
保護者にとっては、子どもの作品を通して成長や変化を感じることが出来る機会です。

保育士は見に来る保護者に対して、作品の説明や製作中の子ども達の様子などを伝えたりすることもあります。。 普段から子ども達のエピソードや様子をメモしておくと、より詳しく伝えることが出来ますね。

おもちつき大会

15493400470235.jpg

秋から冬にかけて開催されます。 
大きな臼と杵で「ぺったんぺったん」と餅をつく様子はとても迫力があり、子ども達も大盛り上がり! 
保育士で交代して餅をつく場合もあり、その時は「〇〇せんせいがんばれ~」と、子ども達から声援がもらえることも♪

ついたもちは子ども達で丸めたり、味つけしたりします。 
自分たちも参加して作ったお餅は絶品!!! 
食育の一環として取り入れている園も多く、 食べ物の大切さ、出来上がる過程、みんなで食べる美味しさを感じてもらい、食に興味を持ってもらうねらいがあります☆

生活発表会

15493403218777.jpg

生活発表会は2月頃に行われることが多く、1年間の集大成を披露する場です。 
「劇・劇ごっこ」「器楽合奏」「お遊戯」など、園によって演目は様々! 
演目によって生活発表会・お遊戯会・音楽発表会と名称も異なるでしょう。 
11月~12月頃から活動を保育に取り入れたり、少しづつ練習を始めていきます。

子ども達は活動の中で 表現力・想像力・協調性が養われ、「これまでの成果を、力を合わせて出し切る」そんな思いで一致団結するのです。 楽しみながら、緊張感も持ちつつ披露する。 そんな空間の中で、保護者や保育士も子ども達の成長をともに喜ぶことが出来る、そんな行事です!

お別れ会

15493401193424.jpg

卒園を控えた年長児のお別れ会で、卒園式前後に開催されます。 
お友だちや保育士との別れも感じつつ、小学生になる期待に胸を躍らせている子ども達。 
全園児が参加するお別れ会では、在園児から歌や製作のプレゼントが贈られます。 
在園児にとっても、「 もうすぐ新しいクラスになってお兄ちゃん・お姉ちゃんになる!」といった期待が実感できることでしょう。

保護者参加型のお別れ会では、お菓子パーティーをしながら談笑したりゲームをしたりすることが多いようです。 保育士にとっても、嬉しいけれど寂しい気持ちになるかもしれません。 子ども達が期待を持って小学生になれるような言葉がけや、これまでの感謝を伝えてみるのもいいでしょう!!

さいごに

いかがでしたか? 四季折々に様々な行事やイベントがありますが、園によって名称や内容はさまざまです。 
どの行事も、子ども達の変化や成長が感じられる貴重な機会となっており、保護者の方にとっては園での様子やお友だち・保育士との関わりを見ることが出来るタイミングでもあります。

子ども達は行事を通して、 達成感自信が身につき、同時にお友だちとの協調性や思い遣りも芽生えることでしょう。 保育士にとっても発見や成長の場である行事、ひとつひとつを子ども達・保護者みんなで楽しみたいですね!!

15611109669369.png


☆こちらの記事も人気☆