保育士さんのお役立ちコラムららほいく

保育園では熱中症対策していますか?
~命を守るための正しい予防と対処法~

夏の木陰

ここ数年、夏の平均気温がぐんぐん上昇していることから、熱中症に対する警告や注意喚起をよく耳にするようになりましたよね。 最悪の場合、命をも奪ってしまう熱中症。
とくに新陳代謝が活発で体温の高い乳幼児は熱中症を起こしやすいうえに、自分の体調不良を大人に知らせることが出来ないことから重症化するケースも多発しています。

クーラーの未設置問題など、熱中症にまつわるさまざまな問題が浮き彫りになっている昨今。
保育園や幼稚園でも熱中症対策はしっかりと行っていきたいですよね。
そこで今回は、熱中症対策をテーマに正しい予防と対象法・豆知識をお伝えいたします!

1.熱中症とは?

15493392817959.jpg

熱中症は、「気温」「湿度」「風通しが悪い」そういった環境に身体が適応できず、さまざまな症状を引き起こす総称のことを言います。
まずは、熱中症のメカニズムを知りましょう!
本来、人間は身体の中で作られ続けている熱を外に逃がすことで、36℃~37℃の平熱を保っています。
しかし・・・

  • 空調の効かない室内で過ごしたり、日差しを直接受ける
  • 気温が高く暑いところでの運動や労働

こういった条件で体温が上昇していくと、皮膚の下に流れている血液の量が増え、身体全体にいきわたるようになります。
すると、一時的に血液が足りなくなってしまうことになり、脳にも血液が満足に行きわたらず酸欠状態になってしまいます。
こうして血流・血圧の変化が生じた結果、立ちくらみ・めまい・意識障害などの症状があらわれるのです。
次に、熱中症の症状と対処法を見ていきましょう。

2.症状と対処法

15493392878711.jpg


熱中症にはさまざまな症状があり、軽度・中度・重度と3段階に分類されています。

15552938710519.jpg

軽度だからと正しい対処を誤ると、中度→重度と症状がどんどん悪化していく危険性も! 
とくに子どもの場合、自分で不調を訴えることが出来ずに見過ごされやすいので、細心の注意が必要です。

次に、対処法についてもう少し細かく説明していきます。

◆ 応急処置

涼しい場所に移動し、足を心臓より高くして寝かせる

【意識がある】
・患者の楽な体勢を取らせる
・ボタンをはずし、身体を冷やす
・冷たいスポーツドリンク、経口補水液、なければ水で水分を補給する
・胸の痛みや呼吸が苦しいと訴えている場合は、上体を起こすと呼吸が楽になります

【意識がない】
・すぐに救急車の要請をする
・嘔吐の危険性があるので、横向きに寝かせる(仰向けは避けます)
・下あごは前に出す(気道が狭くならないようにする)
・上側の膝を90度ぐらい曲げる(後ろへ倒れないようにする)
・両脇を曲げる(後ろへ倒れないようにする)

意識がない場合は、呼吸停止や心拍停止の可能性があるので、目を離さずに観察してください。

◆ 水分、ナトリウムの摂取

望ましいのは、経口補水液・ポカリスエットやアクエリアスといった、水分と塩分を同時に摂取できる飲み物です。
熱中症になっている時は、水分だけでなく電解質(ナトリウム)も失っており、塩分の補給も必要不可欠!
そして、自分で上手に水分を摂取することが出来ない場合は、とても危険な状態です。
無理に飲ませてしまうと嘔吐をしてしまったり、誤って肺に入ってしまう可能性があります。
摂取が不可能な場合は、決してむりやり飲ませず、すぐに医療機関を受診してください。

◆ 体を冷やす・足を高くする

応急処置で体を冷やす場合、体温を効果的にさげる必要性があります。
首・わきの下・脚の付け根などの、太い血管が通っているところを冷やすようにしてください。
そして、血圧が下がると心臓に血液を送り返す力が弱くなります。
安静にするときは、「頭を低く・足を高く」です。
タオルやバッグなど、身のまわりにあるものを利用して、
心臓より足が高くなる体勢で寝かせてあげてください。

~冷やす部位の補足~
・・・後ろではなく両側(耳の下)
脚の付け根・・・股関節の前部分(Vライン)

~冷やす時に使えるもの 一例~

保冷剤・冷却シート・凍らせたペットボトル・氷水でしぼった布(硬く絞りすぎない)・氷嚢など

上記のものは、コンビニやドラッグストアなどでも販売しているので、緊急時に近くにあれば調達することが可能です。

◆ 嘔吐の危険性

・飲めない状態で無理に水分を摂取した
・吐き気がある
・意識が低下している
・意識がない

上記の場合、突然嘔吐してしまうことがあります。
寝ている状態で嘔吐をすると、吐物がノドに詰まって窒息の危険性や、気道から肺に入って誤嚥性肺炎を引き起こす可能性も。 体勢を横向きに寝かせるようにしてください。
◆ 応急処置で、横位について記載しています。

3.熱中症の要因と予防

15493392978760.jpg

熱中症を引き起こす要因はさまざまあります。
考えられる要因を知って、熱中症の予防をしてくださいね◎

熱中症の要因① まわりの環境

・日差しが強く、暑い
・気温や湿度の高いところに居る
・エアコンのない密室空間

熱中症の要因② 活動

・水分を摂らない
・暑い環境で休憩をしない
・激しい運動
・長時間、屋外や高温の場所に居ること

熱中症の要因③ 体調

・寝不足
・体調不良
・偏った食事で栄養が足りてない

熱中症を予防するには?

・涼しい服装にする
・水分、塩分をこまめに摂る
・帽子や日傘を使用する
・なるべく日陰を歩く
・エアコンを使って室内の温度、湿度管理をする
・規則正しい生活を送る
・3食きちんと食べる
・十分な睡眠をとり、疲れを翌日に残さない

水分摂取の豆知識

【経口補水液】
近年、コンビニやドラッグストアなどでよく見かけるようになりました。
OS-1(オーエスワン)、アクアソリタ、アクアサポートなど、さまざまな商品名で販売されています。


食塩とブドウ糖を水に溶かした飲み物で、脱水症状を起こした時に水分補給をすることが目的です。
経口補水液はスポーツ飲料よりも食塩が多く含まれており、常飲はNG!
 点滴での水分補給の代わりに用いられている物なので、熱中症予防のためにと飲まないようにしてくださいね。

4.熱中症は血栓の原因にも!
命をうばう夏血栓

15493393024517.jpg

猛暑の時期になると連日、救急搬送が後を絶ちません。
熱中症が原因で、毎年たくさんの命が奪われています。
その熱中症が原因にもなりうる「夏血栓」と呼ばれる症状が、夏になると多発しているのです。

【夏血栓のメカニズム】

汗をかいて身体から水分が減り、脱水状態になると本来サラサラだったはずの体内の血液がドロドロになってしまいます。
すると、血管の中に血栓と呼ばれる血の塊ができ、血管を詰まらせてしまう、これが夏血栓です。

この血栓ができる場所により、さまざまな病気を引き起こしてしまいます。

脳の血管を詰まらせると脳梗塞に。
心臓の血管を詰まらせると心筋梗塞に。
肺にまわると急性肺血栓塞栓症(きゅうせいはいけっせんそくせんしょう)に。

どれも命を脅かす恐ろしい状態へとなってしまうのです。

・体の右半身または左半身の麻痺、しびれ
・片方の眉毛や口が下がっている
・ろれつが回らない
・胸を押さえて苦しがっている
・呼吸困難


こういった症状が出た場合は、即座に救急搬送で病院を受診しなければなりません。
1分1秒をあらそう夏血栓。ぜひ、予備知識して覚えておいてくださいね。

5.熱中症対策に取り入れたい食べ物

15493393070874.jpg

暑~い夏。あまりの暑さで食欲が無く、食べやすい冷たい麺類ばかり食べていませんか?
子ども達はもちろんのこと、保育士さんもしっかり食べて熱中症対策をしたいですよね!
そんな熱中症対策に最適な食べ物・飲み物にはどんなものがあるのでしょうか??

◎ 豚肉
豚肉は、疲労を回復してくれるビタミンB1がとっても豊富です!
中でも赤身の部分に多く含まれており、倦怠感や疲労回復にオススメです!
夏の時期だと、お野菜と一緒に食べられる冷しゃぶなんかもいいですね~♪

◎ 納豆
納豆が食べられる人は、ぜひ納豆を食べてください!
汗と一緒に失われるカリウム・マグネシウム・カルシウムが豊富で、栄養素の吸収力もバツグン!!
お腹の調子も整えてくれるので、熱中症を予防するのにオススメですよ。
オクラやたまご、しらすなどと一緒にスタミナ丼にしたら美味しそうですね☆彡

◎ 枝豆
枝豆には、熱中症の予防に大切なオルニチンが含まれています。
カルシウム・タンパク質・ビタミンB1も豊富で、何より簡単に食べられるのがいいですよね!
今は、流水解凍で簡単に食べれられる冷凍の枝豆もあるので、ぜひメニューに取り入れてみてください!
アルコールの分解を促してくれるので、お酒を飲む時に一緒に食べるのも◎

◎ 梅干し
梅干しには、疲労回復を早めてくれるクエン酸が豊富で、なおかつ、塩分も摂取できる優れものです!
酸味が食欲の増進にもつながるので、食欲のない時もオススメです。
ただし、塩分がとても強いので1日1個にしておきましょう。 減塩のものでもいいですね☆
梅としらすの冷たいおうどんだと、さっぱりとして食べやすいですね♪


上記の食品をうまく取り入れて、熱中症の予防をしてくださいね!

6.さいごに

15493393128833.jpg

熱中症は、放っておくと命を奪いかねない恐ろしい症状です。
“今と昔は気候が違う”ということも念頭に、熱中症対策をしっかりと行ってください。
自分の不調を訴えられない子ども達の変化にいち早く気付けるよう、正しい知識を持っておきましょう◎
そして、そんな子ども達を守る保育士さんも日ごろから熱中症対策をきちんと行い、
みんなで対策する意識をしていけるのが理想ですね。

15611109669369.png


☆こちらの記事も人気☆